婚活 成功 会話術 会話苦手 モテる会話 婚活会話

尋問ではなく質問をする

 

婚活パーティーなどで女性と会話をしていく理由は、
自分を相手にアピールすることと、
相手女性のことを知ることです。

 

 

ただ男性の中には、
「なんでそんな話を聞かなくちゃいけないの?」
と露骨に顔に出してもらう人もいます。

 

 

そうなると、会話自体も盛り上がらない状況になります。

 

 

なので、相手と会話を楽しむなら、
相づちに加えて、質問をしていくことが大事です。

 

質問をするということは、
相手の話に興味があるということです。

 

 

だからこそ、女性の話題には、
積極的に質問をしていけるといいですね。

 

 

ただし質問の仕方は、一歩間違えると尋問になります。

 

 

例えばこんな感じです。

 

 

「お休みの日は何をされているんですか?」

 

「そうですね、料理をしてますね」

 

「へーすごいですね!どんな料理をつくるんですか?」

 

「最近は、和食を中心につくってます」

 

「いいですね。和食は具体的に何を作るんですか?」

 

「肉じゃがとか作ります」

 

「そうなんですか〜。どのくらい時間がかかるんですか?」

 

「まー40分ぐらいですかね。」

 

「そうなんですね。他には何を作るんですか?」

 

 

 

上記の会話ですが、
この話のやり取りは危険です。

 

 

矢継ぎ早に質問をしまくってますよね。

 

 

男性本人は、会話を拡げているつもりかもしれませんが、
1つの会話の中で、質問が多すぎるのです。

 

 

・お休みの日は何をしているのか?
・どんな料理をつくるのか?
・和食は具体的に何をつくるのか?
・どのくらい時間がかかるのか?
・他には何を作るのか?

 

と質問攻めになっています。

 

 

これはもう刑事ですね。
尋問です。

 

 

 

ではどうすればよいか?

 

 

質問をして返答してくれたことに対して、
感想をいいましょう。

 

 

例えば、

 

「お休みの日は何をしてますか?」

 

「料理をしてます」

 

「いいですね。僕も料理をします。
 本当に簡単な料理なんですが、ストレス解消になりますよね。」

 

 

という感じで、自分のことや感想を少しだけ入れていくのです。

 

 

そこで、女性が「どんな料理をつくるんですか?」と喰いついてきたら、
自分の話をすればいいですし、喰いついてこなければ、
あなたが次の質問をすればいいのです。

 

 

そうやって、相手の出方をチェックしながら、
質問をしていくと、尋問にならずに楽しく会話をすることができます。

 

⇒管理人が推薦する5つ星教材はコチラ

関連ページ

大事なことは深堀
婚活パーティーや婚活サイトで出会った女性と会話が苦手なあまり、お付き合いに発展しない・カップルなれない方向けの会話教材や会話ノウハウをご紹介しています。
マイナス要素は厳禁
婚活パーティーや婚活サイトで出会った女性と会話が苦手なあまり、お付き合いに発展しない・カップルなれない方向けの会話教材や会話ノウハウをご紹介しています。
共感を意識する
婚活パーティーや婚活サイトで出会った女性と会話が苦手なあまり、お付き合いに発展しない・カップルなれない方向けの会話教材や会話ノウハウをご紹介しています。
共通点を見つける
婚活パーティーや婚活サイトで出会った女性と会話が苦手なあまり、お付き合いに発展しない・カップルなれない方向けの会話教材や会話ノウハウをご紹介しています。
自然に褒める
婚活パーティーや婚活サイトで出会った女性と会話が苦手なあまり、お付き合いに発展しない・カップルなれない方向けの会話教材や会話ノウハウをご紹介しています。

ホーム NO1会話教材 無料プレゼント メタボ―自己紹介 イチオシ婚活方法